公益社団法人 静岡県看護協会

 

組織図・役員のご挨拶

トップページ > 協会のご案内 >組織図・役員のご挨拶

組織図

平成30年4月1日 公益社団法人静岡県看護協会組織図

役員のご挨拶

会長渡邊 昌子
会長 渡邊 昌子
 会長職2年目を迎えました。会員の皆さまや協会役員、職員など多くの皆さまのご支援とご協力に心より感謝申し上げます。
 昨年度は、日看協モデル事業の認知症ケアや本会独自の助成金支給による地域包括ケアシステム構築に向けた取組みに重点を置き、県内7か所で事業展開いたしました。結果、看護職の連携拡大に加え、多職種連携や行政の事業委託、助成金支給の獲得などの成果を得ました。本年度は新たな地域で事業を継続し、予防活動や包括的母子支援も視野に県内全域へネットワーク拡大をめざします。
 また、看護師基礎教育4年制化に向け教育機関との定期的会議の開催や、看護職人材確保のための地域で作る協働開催型就職相談会の強化など、新たな事業にも取組んで参ります。
 今後も、皆様の声を大切にし、看護の質向上と働き続けられる環境づくりの推進、県民のニーズに応える看護の提供に注力いたします。ご支援よろしくお願いいたします。
副会長平井 弘美
副会長 平井 弘美
 この一年の内にも、高齢者介護、働く人の健康、がん対策、児童の保育や福祉及び精神衛生などの健康、福祉に係る課題は、ますます深刻になっております。我々の目指す「地域包括ケアシステム」を一日も早く実現し、機能させることが必要であると感じております。
 一方、県内各地域では、看護・医療関係、行政、介護福祉、教育等の職にある人々の連携交流が進み、具体的な活動が展開されつつあり、これは「包括ケアシステム」を実質的・有機的に機能させる原動力になるものと確信しております。
 会員の皆様が、専門職として様々な場所で大きな力を発揮していただけるように、行政、医療、施設、団体等との連携・協調に努めて参りたいと存じます。
 また、本会の基盤である専門職の教育・研修、職務環境向上の諸事業においては、一層の高度化を図ると共に、各職能委員会活動や支部活動が有意義に進むよう調整に努めて参ります。
 今年度も、引き続きご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。  
副会長間淵 元子
副会長 間淵 元子
 副会長に就任して1年が経ちました。この間、多くのことを学ばせていただきましたが、改めて本会が医療・看護・福祉において担っている役割の重要性を実感しています。
 本会では「いのち・暮らし・尊厳を守り支える看護」を実現するために地域包括ケアシステムの構築に取り組んで参りましたが、昨年度「看看連携を基盤とした地域包括ケア推進支援モデル事業」では、各地区の取組みにおいて成果を出すことができました。会員の皆様の努力の賜物と感謝しておりますが、保健師・助産師・看護師が生き生きと役割を果たし地域の期待に応えていけるように、地域包括ケアについては引き続き支援させていただきたいと思います。
 看護職の課題は看護職にしか解決できません。迅速な情報の収集と共有を図り、教育・研修、労働環境の整備、職能・地区支部活動等の事業がより一層の充実するように努めて参ります。皆様のご協力とご支援を宜しくお願い致します。
専務理事柏崎 順子
専務理事 柏崎 順子
誕生から看取りまで、地域の中でそれぞれが役割を果し支え合う地域包括ケアの時代を向かえ、病院から施設・在宅へ、予防から治し支える医療・看護へと看護職の活躍の場と果す役割は拡大しております。そのような時代の要請に応えるために、会員の皆様と共に本年度の看護協会の重点事業を推進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
常務理事鈴木 千春
常務理事 鈴木 千春
 看護職連携構築による住民の安心な暮らしを支える体制づくりを目的に、継続して地域の看護職、多職種によるネットワークの基盤強化に取り組んでまいります。また、看護職が生涯を通じて健康に働き続けられるために、心身の健康と職場環境を健康で持続可能なものにしていくことが出来るよう尽力いたします。
常務理事牧野 明美
常務理事 牧野 明美
 常務理事に就任し2年目になります。地域包括ケアシステムが進み、看護職に期待される役割がますます拡大しています。看護職の皆様が人々の健康な生活を支援し、あらゆる場で役割が発揮できるよう、教育活動をとおして人材の育成に取り組んでまいります。
保健師職能理事土屋 厚子
保健師職能理事 土屋 厚子
 今年度より、保健師職能理事に就任いたしました。超少子高齢社会の中で、保健師に求められている役割は非常に拡大しております。地域包括ケアの構築の推進、健康な街づくりなど職能として力量形成を図ることがとても必要です。また、各領域で活動している保健師たちの連携強化も深めていきたいと思っています。
助産師職能理事西郷 美智子
助産師職能理事 西郷 美智子
 全ての妊産褥婦・新生児及び女性たちに助産師のケアを提供するために、専門的技術力を高め、質の高いサービスの提供ができるよう活動してまいります。また、少子高齢化の時代、大切な子供たちを守るために、地域に助産師が出向き「子育て世代包括ケアシステム」の活動も推進してまいります。
看護師職能理事松本 志保子
看護師職能理事 松本 志保子
 医療の場は「病院完結型」から「地域完結型」へ、療養の場は「医療機関」から「暮らしの場」への大転換が図られています。看護も人々の生活の質向上を支援する生活モデル重視への転換が必要となっています。看護の本質をしっかり捉え、地域包括ケア時代に求められる役割強化を進めます。 
看護師職能理事松井 順子
看護師職能理事 松井 順子
 地域共生社会の実現に向けて「支える側」と「受けて側」に分かれるのではなく、あらゆる住民が「自分のできること、役割」を持ち、お互いに支え合いながら地域コミュニティを作っていく時代だと思います。そんな時代だからこそ、施設・在宅の看護職の専門性を活かして地域に根差した活動を積極的に取り組んでいきます。
地区理事(賀茂)正木 晶子
地区理事(賀茂) 正木 晶子
 地域住民が住み慣れた場所で安心して暮らせるように看護師の担う役割は、多方面に活躍の場があり、とても重要となっています。住民の健康の保持・増進に寄与すること、会員が一人でも多く参加でき、質の向上と連携・共生していけるように地区支部活動を行っていきたいと思います。
地区理事(熱海・伊東)前川 美奈子
地区理事(熱海・伊東) 前川 美奈子
 会員のみなさんが、気軽に楽しく地区活動に参加できるような環境を整えたいと思います。地域医療を支える他職種連携の場面などで、看護職のパワーが発揮できるように役員一同でバックアップしてゆきます。
地区理事(東部)佐野 文子
地区理事(東部) 佐野 文子
 地域包括ケアシステムの推進に向け、看護職の役割を果たせるように看看・多職種連携に重点をおき活動していきたいと考えています。また、まちの保健室では、認定看護師と協働しそれぞれの分野の専門性を発揮しながらこれまで以上に地域住民の健康と福祉の増進に寄与したいと思います。
地区理事(富士)橋 ハマ子
地区理事(富士) 橋 ハマ子
 住民が住み慣れた地区で安全に安心して暮らしていくために、地域住民の声を大切にし、他職種や行政など多くの方と連携することも看護職の役割の一つだと思います。役員・会員の皆様と協力し地域住民の健康の保持・増進に貢献できるよう地区支部活動を行っていきたいと思います。
地区理事(静岡)櫻井 郁子
地区理事(静岡) 櫻井 郁子
 地域の人々が元気に生活できるように看護職は様々なサポートをしていくことが求められています。地域の中で、会員一人ひとりが力を発揮し、地域住民の健康づくりへの理解を高められると共に様々なニーズに応えられるよう、いろいろな方達と連携を取りながら、地区支部活動を推進していきたいと思います。
地区理事(志太榛原)平野 一美
地区理事(志太榛原) 平野 一美
 地域住民が住み慣れた地域で可能な限り自分らしい暮らしを続けられるよう、看護職が中心となって地域包括ケアシステムを推進する役割があります。まちの保健室や看護職の交流会、健康教室の充実など、行政や関係職種と協働しながら地区支部活動を推進していきたいと思います。
地区理事(中東遠)八木 純
地区理事(中東遠) 八木 純
 まちの保健室や看護教室を通じて地域のみなさまに貢献できるように、考えています。地域で働く看護職の皆さんのニーズにあった研修や情報提供ができるといいなと思います。また、住み慣れた地域で暮らしていけるように地域包括ケアシステムの推進のために活動していきます。
地区理事(西部)鈴木 恵美子
地区理事(西部) 鈴木 恵美子
 地域住民の皆様の健康保持・増進に貢献するとともに、会員の看護の質向上に向けて取組みます。地区活動を通して「人々の元気を創るサポーター」は、地区の会員との連携、地域の皆様との出会い・ふれあいを大切にして活動してまいります。皆様、よろしくお願いいたします。
准看護師理事若杉 佐知子
准看護師理事 若杉 佐知子
 少子高齢化が進んでいく中、看護職の力は病院だけではなく、いろいろな場所で必要とされています。准看護師が前向きに進学について考えていくことができるために、情報発信のお手伝いができるよう、微力ではありますが協会のなかで役割を果たせるよう努めていきたいと思います。
学識経験者理事松浦 康夫
学識経験者理事 松浦 康夫
 今年は、明治期に設立された有志共立東京病院看護婦教育所の第1期生5名が卒業し、我が国に近代看護教育を受けた看護師が誕生して130年となります。時代を経て、福祉分野においても看護の重要性は増しています。地域包括ケア、さらには地域共生社会に向け、看護協会には益々大きな役割が期待されていると思います。
学識経験者理事廣瀬 清久
学識経験者理事 廣瀬 清久
 看護協会は、少子化、高齢化社会の中で地域医療を支え、多くの方々を支える存在であります。様々な企画、運動を通しての地域に根差した活動や事業等を、今年も応援し、微力ながらお手伝いしていきたいと思います。
監事杉山 茂子
監事 杉山 茂子
 看護協会活動に期待されていることが拡大し、事業・教育も時代の要請に伴いたくさんの事業が展開されています。一つ一つの事業が意味あるものとして、監査役としての視点をしっかり持ちながら協会の活動に協力していきたいと思います。
監事山元 道子
監事 山元 道子
 地域包括ケアシステム構築の担い手として、看護職の役割は多々あります。静岡県看護協会ではその役割を果たすため、重点施策5項目を定め、事業に取り組んでいます。2万人を超える会員の代表として、事業推進のため、監事の役割を果たしていきたいと思います
学識経験者監事小野田 武
学識経験者監事 小野田 武
 理事会及び監事監査を通し、貴会の運営や決算報告書等が非常によく整備されていると感じております。  今後も公益社団法人として定款事業の実施を着実に履行され、静岡県における医療・看護の活動に重要な役割を果たされることを期待しております。
公益社団法人 静岡県看護協会
〒422-8067 静岡市駿河区南町14番25号(エスパティオ3階)
[Tel] 054-202-1750 [Fax] 054-202-1751
[ご利用時間] 9:00〜17:00(月〜金)
掲載している個々の情報(文章、写真、イラストなど)は、著作権の対象となっています。
無断での転載・転用・複製及びまたは加工は禁止いたします。