ナースセンター

トップページ > ナースセンター >看護の日・看護週間

看護の日・看護週間

「看護の日・看護週間」とは?

毎年5月12日は「看護の日」。そして看護の日を含む日曜日から土曜日までの1週間が「看護週間」です。

メインテーマは「看護の心をみんなの心に」。気軽に看護にふれて看護の心、ケアの心、助け合いの心を感じてもらえるようにイベントを開催しています。

看護の日
テーマ

「いざというとき、あなたもまちの看護師さん 〜災害に備えて〜」

日時

令和元年5月11日(土)午前10時から午後5時まで

実施内容

会場

イオンモール浜松志都呂 セントラルコート
浜松市西区志都呂2丁目37番1号

イベント内容

(1) 災害に備えて
 @ミニ講座
 ・災害支援ナースの役割と活動
 ・知っておきたい応急処置
 ・災害救助犬物語
 ・エコノミー症候群予防体操
 ・どんなときも大事!お口の健康
 A心配蘇生法実演(AEDの使い方)
 B災害支援 写真展と災害便利グッズの展示

(2)まちの保健室
 @健康チェック(骨密度、血管の硬さと血圧測定)
 A健康相談

(3)就業、相談、進路相談

(4)白衣を着て写真撮影「プリティーナース撮影会」

入場料

無料

出前授業

「看護の日・看護週間」事業(厚生労働省・日本看護協会主催、文部科学省後援)の一環として「みんなで話そう―看護の出前授業」を実施しています。
2004年にスタートし、「いのちの大切さ」や「こころとからだの話」、キャリア教育に役立つ「看護職の仕事の紹介」「看護職になるための進路」などについて看護職が学校まで出向いて授業を実施しています。

▼各地区支部の活動内容はこちらからご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る